40代社畜の12月第一週目までの損益

その他の資産運用

2020年1月から12月までの積立結果は

やめ蔵とやめ子(やめ蔵の妻)は2020年1月から積立NISAを始めました。

そしてやめ蔵はiDeCoも2020年1月に申し込みをして2月からスタートしました。

年間の積立金額は総額107万円です。

もうすぐ12か月経ちますがこれから毎月の含損益を発表していきます。

その他にも臨時収入や毎月の余ったお金も課税口座で少しずつ積立している分もあるので一緒に見ていきます。

スポンサーリンク

やめ蔵 積立NISA 保有銘柄

2020年1月から12月途中までの積立銘柄と含損益

NISA銘柄毎月掛金
eMAXIS  Slim 先進国株式インデクス ¥10,000
eMAXIS  Slim 米国株式(S&P500) ¥10,000
SBI全世界株式インデクス¥6,600
SBIバンガードS&P500インデックスファンド¥6,733
元本評価額含益
NISA¥382,263¥435,326¥53,029

なんと約12か月ほったらかしで約14%も含み益があります。

やめ蔵予測では3~5%ほどの含み益がある予定だったのでうれしい誤算です。

しかし、あくまでも含み益!

いつ何時どれだけ下がるかはわかりませんので、このままほったらかしに徹します。

こうやって見ると米国株式ばっかりです。

先進国株式インデックスも中身は50%以上アメリカなので積立NISAの中では分散投資は出来ていません。

ほとんど米国株式なのにも理由があります。

その理由とは、今後臨時収入を使って日本株を買って行く予定だからです。

iDeCo

次はiDeCoの銘柄と含損益を見ていきます。

iDeCoは今年の2月~11月までです。

買付タイミング等で若干元本が違います。

iDeCo毎月掛金
つみたて先進国株式¥23,000
元本評価額リターン
iDeCo¥202,764¥229,071¥26,307

iDeCoでも約13%の含み益が出ています。

始めたタイミングが良かったのか、11月までは約13.5%のプラスでした。

個別銘柄はコロナショックで難しい局面でした。

今後もやめ蔵的ほったらかし投資術を継続していきます。

やめ子 積立NISA 保有銘柄

NISA銘柄毎月掛金
eMAXIS  Slim 先進国株式インデクス ¥8,333
SBIバンガードS&P500インデックスファンド¥8,333
楽天全世界株式インデックスファンド¥8,333
楽天全米株式インデックスファンド¥8,333

こちらもまた米国株式ばかりです。

やめ蔵はeMAXISとSBIですが、やめ子は楽天を選んでいます。

楽天は信託報酬が少し高いですがやめ蔵とは違う銘柄を選びました。

まあ目指している指数が同じような物なので分散する意味はあまり無いですがいろいろ集めたくなってしまうんですよね。

 元本評価額リターン
NISA¥366,661¥425,261¥58,580

やめ子の積立NISAも約11か月間ほったらかしで、約16%のプラスがでました。

こちらもコロナショックで、いい時期に始めることが出来たので16%も含み益が出たのでしょう。

こちらもこのままほったらかしで積立していきます。

スポンサーリンク

毎月の余ったお金や臨時収入は?

毎月余ったお金も少しずつ課税口座で積立しています。

臨時収入が入った時も少しずつですが積み立てに回しています。

こちらも、お金があるときに少しずついろんな銘柄を買って行ったらこんなに銘柄が多くなっているのに気が付きました。

eMAXIS  Slim 先進国株式インデクス 
eMAXIS  Slim 全世界株式(3地域均等型) 
eMAXIS  Slim 米国株式(S&P500) 
eMAXIS  Slim 全世界株式(オールカントリー) 
eMAXIS  Neo 自動運転
eMAXIS  バランス(8資産均等型)
ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド
SBIバンガードS&P500インデックスファンド
楽天全世界株式インデックスファンド
楽天全米株式インデックスファンド

こちらもまたほとんど米国株式インデックスファンドになっています。

こちらは、今後少しずつ見直しをして行きたいと思います。

では投資信託の含損益を見てみましょう。

元本評価額リターン
課税口座¥188,619¥205,459¥16,840

課税口座の投資信託は約7%プラスでした。

始めた時期が9月頃からなので、プラスは少なめでしたが、たぶんこちらが本来のリターンだと思います。

積立NISAとiDeCoを続けてみ

積立NISAとiDeCoを続けてみてある程度の銘柄分散と定額積立と時間分散は予想より効果があると思いました。

それにほったらかしで良いのがうれしいですね。

今後も多少の上げ下げはあるでしょうが、長い目で見たら少しずつ順調に右肩上がりに推移してくれればやめ蔵の資産も徐々に増えて行ってくれると期待しています。

2020年の資産運用結果が気になる人はこちらもあわせてお読みください。

やめ蔵の2020年最終総資産発表【株式取引・積立NISA・iDeCo】
やめ蔵一家の今年最後の資産発表します!今年はコロナウイルスで経済は大打撃を受け全世界で大変なことになりましたそんな中、株価は好調に上昇し2020年後半は実体経済と金融経済は乖離が加速しすぎています一部ではバブルの再...

今後の個別銘柄への投資

個別銘柄の投資はあまりやろうと思っていません。

なぜなら相場の上げ下げで一喜一憂するのが嫌なんです。

しかし、一つだけ買いたい個別銘柄があります。

それはIPO銘柄です。

IPO銘柄が当選したら長期保有して企業の業績と株価の上昇を待ちたいと思います。

しかしこれがなかなか当たらないんですよね。

12月も何銘柄か上場されるので狙って行きたいと思います。

20年の社畜生活で思う事
やめ蔵の生い立ちやめ蔵はごく普通の昭和の家庭で生まれ育ちました。父親はサラリーマンで母親はパートで働くどこにでもあるような家庭です。月に1回お小遣いをもらって、もらったその日に全部使ってました。その翌日には来月のお小遣いで買いたい物を物色し

最後までお読みいただきありがとうございます。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました